インターネットFAXの仕組みはどうなっているの?

インターネットfaxの仕組みとは?

通常のFAXの仕組みというのは、紙に書いた絵や文章を読み取って電気信号に変え、それを電話回線を介して相手へ送ります。通常のFAXは、必ず電話回線が必要です。では、インターネットfax仕組みはどうなっているのでしょうか?通常のFAXとは違い、インターネットFAXには、電話回線が必要ありません。必要なのはネット環境なのです。メールを送るのと同じように、ファックスが送れるのです。そして、普通のファックスから送られてきた書類も受信することができます。サービスによって違ってきますが、PDFやTIFFなどのファイル形式で送られてきます。このように、固定電話を持っていなくても、FAX番号を持つことができます。

インターネットfaxはメールとどう違う?

では、インターネットFAXはメールとどう違うのでしょうか?メールでやりとりできる相手なら、ファックスする必要はありません。しかし、取引先がFAXでしか注文を受けてくれない、家にはパソコンが無い、PTA関連のお知らせがFAXで送られてくるなどでは、FAXが必要になってきます。そして、FAXをかなり使っているようなら、通信費、紙代、インク代がかかってしまいます。インターネットFAXなら、紙に出力しないので紙とインクのコストがかかりません。インターネットFAXは、通信料も安くなる可能性も高くなりますし、FAX機を買い換える必要がなくなります。新しい機材も必要ないので、場所の節約にもなるのです。また、外出先でスマホや携帯で受信したFAXが見られるので、時間の節約にもなります。インターネットファックスランキングで探して見ると良いかもしれませんね。